公印確認 アポスティーユに関する説明です。

 

 
 
 
 
 

公印確認・アポスティーユとは

「公印確認」や、「アポスティーユ」というものをご存じですか

これらはいずれも、日本の公文書に対して外務省が発行してくれる証明のことです。
外国で、婚姻や会社の設立などをする場合や、日本の中でも、外国の駐日大使館や領事館、総領事館に公文書を提出する際に必要になることがあります。

海外の機関では、発行された公文書が信頼できるものかどうか、分からない部分があります。 そのときに、「公印確認」や「アポスティーユ」を添付することによって、「この日本語の証明書類は、信頼できるものですよ」という外務省からの保証が得られるわけです。

まず、公印確認ですが、こちらは、駐日大使館や総領事館、あるいは領事館の領事認証などを取得するために必要となる、外務省の証明書類です。事前に必要になる書類ですので、
領事館などに申請する前に、公印確認を取得する必要があります。

なお、「公印確認を取得する」ことは、その後に「大使館や領事館に提出する」ことを前提に行われます。そのため、公印確認を取得後に、該当の書類を大使館や領事館へ提出して下さい。

次に、アポスティーユですが、こちらは「外国公文書の認証を不要とする条約」、いわゆる「ハーグ条約」の締結国にのみ提出することができるものです。駐日大使館や、領事館への提出はしませんが、アポスティーユがあると、駐日大使館や、領事館の認証があるのと同等の書類として、海外でその書類を取り扱うことができます。

 

公印確認も、アポスティーユも、発行元は外務省なのですが、どちらの書類が必要になるのかは、こちらで判断することができません。ハーグ条約の締結国であっても、公印確認が必要と言われることもあり、どこどこの国だからこっち、と判断することも不可能です。

また、提出書類によっては、日本の外務省の証明ではなく、現地の日本大使館や総領事館での証明を求められていることがあります。外務省で一度公印確認を受けてしまうと、同じ書類に、現地の大使館や領事館の証明をつけることはできません。

ですから、証明を取得するときには、必ず提出先に、どちらの証明が必要なのかをよく確認してからにしましょう。

 

こうした証明は、先述のとおり外国での婚姻、会社の設立、出生など、必ず忙しいときに限って必要になるものです。証明の取得まで手が回らない、どう取得していいかわからない……などのときは是非一度、ご相談ください。

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

 

 
 
 
 
 
電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:hiro1745@gmail.com
 
山下交通事故行政書士事務所 ロゴ
 
 

 
 
初心者ホームページ作成