交通事故相談、建設業、相続、経理代行、車庫証明、車の名義変更、コロナ対策緊急小口支援融資等代行サポートならお任せ!熊本市中央区水前寺の山下交通事故行政書士事務所、熊本県全域対応。

 

 
 
 
 
 

発信者情報開示請求とは?

インターネットが普及してきた現代、ネット上でいわれのない誹謗中傷を受けることもあり、場合によっては、その人物を相手どって、裁判を起こし、損害賠償を請求したい、刑事告訴したい……といったケースも起こりえます。

 そんなとき必要になるのが、「誹謗中傷を行った人物」つまり「発信者」の個人情報です。どこの誰という人が、誹謗中傷を行ったのかがわからなければ、裁判は起こせませんが、「発信者情報開示請求」をすることによって、発信者の氏名や、IPアドレス(コンピューターのインターネット上の住所)を開示してもらえば、裁判を起こすことが可能です

 発信者情報開示請求は、誹謗中傷を行った人物に対してではなく、該当する誹謗中傷が行われたサイトの管理者、運営者に対して行います。

サイトの管理者であれば、書き込みを行った人物の氏名はわからなくても、IPアドレスを知ることができます。そこから、個人の氏名を割り出すことができるのです。

 まずは、必要書類を、サイトの管理者に対して簡易書留で郵送しましょう。書類に記載するのは、誹謗中傷の書き込まれたページのURL、あなたの氏名や住所、電話番号、どのような誹謗中傷が掲載されたのか、それによってあなたのどのような権利が侵害されたのか……といったようなことです。

WEB上には、この書類のひな形が掲載されているところもあるので、参考にすることもできます。書留での郵送時、運転免許証のコピーなど、あなたの身分証をなにかひとつ添付しなくてはなりませんので、忘れないようにしましょう。

 とはいえ、サイト管理者の住所氏名がわからず、簡易書留が送れない……ということもあるかと思います。そんなときには、サイトにサーバーを提供している、レンタルサーバー会社に郵送すれば良いのです。

サイトの管理者、運営者であっても、またレンタルサーバー会社であっても、現在は「プロバイダー責任制限法」という法律で、個人情報保護を超えて、誹謗中傷を行った人物の個人情報を開示することが認められています。

インターネット上のトラブルに関しては、こうした方法で、裁判などの手段を行使することができるのです

 発信者情報開示請求について、書類を揃えたり、郵送先を判別するのが難しい場合には、当事務所でもお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

ページ先頭へ

最後まで読んでいただいた方、誠にありがとうございます。最後にいいねボタンを押していただけると大変うれしいです。

トップページはこちら

 

 
 
 
 
 
電話:096-385-0028 FAX:096-300-3022
メール:hiro1745@gmail.com
 
山下交通事故行政書士事務所 ロゴ
 
 

 
 
初心者ホームページ作成